読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多重債務者のお小遣い事情

多重債務者の為、中学生並のお小遣い。少しでも家計、お小遣いの足しになればと思いネットでのお小遣い稼ぎにチャレンジ。

本とネットの情報どちらを信用しますか?

 

 

皆さんは本を読まれますか?

 

今日なんとなく本屋に立ち寄ってみたのだが、

久々の本屋は、電子書籍の波に飲み込まれているのか店内はガラガラ。

 

ブックオフなんかでは、結構お客さんが入っている所を見ると、電子書籍の影響というより価格重視、新品の本が敬遠されるようになってきたのだろう。

 

そんな本屋の店内をブラブラと物色。

 

ガラガラの店内の為、店員は万引きを警戒しているのか俺の行動をチェックしてるのが手に取るように分かる。

 

本屋に寄った目的というのは、「なにかお小遣い稼ぎの情報がないかな〜」という単純な理由だけなんだけど。

 

「情報だけならググッたらいいじゃん」と思う方が大多数だと思うが、確かにブログを始めてからは分からない事が多すぎて、ネットで調べる事が多く「やっぱネットってスゲ〜」って思うのだが、誰もが無責任?に書き込めるネットというのが頭のどこかにあるので、いまいち信用性に欠ける。(アナログ人間の為)

 

サイトによって色々違う事が書かれている為、

どないやねん!という事も多々あるのが現状。

 

それは、筆者によっては違うという面では本にも言える事だが、有料の本に対して無料のネット、自分の目で選んだ本に対してワンクリックで情報が溢れ出すネット。

 

信用度はなぜか本の方が高いんですよネー。

イメージとしては、広く浅く情報収集するならネット、狭く深く収集するなら本といった感じなんですヨ。(個人的にですけど)

 

もちろんネットでも深く収集は出来るんでしょうけど、検索スキルのない情報弱者の俺では、グーグル先生の情報一つ一つを振るいにかける事など出来るはずもなく偽情報を掴むのは目に見えている。

 

 

別に俺はネット否定派でも、本肯定派でもなく

ただ単にガラガラの本屋さんを目の当たりにして、有意義な本がたくさんあるのに「もったいねーな」と思っただけなんです。

 

 

膨大な情報が溢れてる現代社会では、一つの情報を鵜呑みにせず、色々な角度から精査できる確かな目を持ってないと、社会からいいように食い物にされてしまうのは間違いない。

 

 

う〜ん。早く情報弱者から脱出したい。

 

 情報社会はどんどん進んでいくヨ。

と思う方はクリック。更新の励みになります

にほんブログ村 小遣いブログ 初心者のお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村


貧乏日記 ブログランキングへ

 

日本で一番選ばれいるネットショップ作成サービス             

  登録無料。アナタの知識が売れる?興味のある方はコチラからどうぞ。